2006年07月21日

女性ボーカリスト

毎日雨が降り続いて、雨による被害など大丈夫でしょうか。
気象庁の発表によると梅雨明けが大幅に遅れるそうです。
数年前のように梅雨明け宣言ができなくなる、なんてことが
ないことを祈りたいと思います。
夏!ナツ、早くこーーい!!

そんな鬱陶しい気分のときは
こんなアルバムで、気分をリラックス?!
原田知世.jpg

原田知世さんの2001年にリリースされた『Summer breeze』
1983年に角川映画「時をかける少女」で一躍トップアイドルとなった彼女ですが
もう38歳になるんですね。

最近TVでは、ブレン○ィのCMでお目にかかれるくらいです。

この『Summer breeze』はゴンチチのギターで外国のヒット曲をカバーしたものですが、彼女の素直なかわいい声がお気に入りで、リラックスして聴けるところなど、癒し的な1枚です。

7曲目のCarole Kingの名曲『You've Got A Friend』や
8曲目のBeth Nielsen Chapmanの『That's The Easy Part』など
なかなか聴かせてくれます。


rickielee.jpg

リッキー リー ジョーンズの2003年12月にリリースされた『The Evening of My Best Day』
リッキー リー ジョーンズは、リトル・フィートのローウェル・ジョージによって見出され
『浪漫』(79年)でデビュー。

彼女の音楽はロック、ブルース、フォーク、ジャズ等を絶妙にブレンドされて
シンプルでナチュラルなサウンド。
ちょっとアンニュイな色気を醸し出すヴォーカリストです。


brigre.jpg

The Brilliant Greenのファーストアルバム『the brilliant green』
『There will be love there〜愛のある場所』は、ドラマ「ラブ アゲイン」の主題歌としてヒットした曲。
ボーカルの川瀬智子ちゃん、最近はトミーフェブラリー、トミーヘブンリーとしての活動のほうが主流となっているようですが、彼らのちょっと60年代のサイケロックっぽいサウンドに、彼女の甘い声と、うまくないボーカルが絶妙にマッチしてると思います。


私はすべてのものに言えることなのですが、100%完成された美より
どこか不完全な、不均衡なものに惹かれます。
そういう意味で、そんなに歌がうまくないけど、声がかわいいとか、不思議な色香があるとか、不良っぽいのに純粋だったり、そんな彼女らがとても気に入ってます。

続きを読む
posted by rucyrue at 01:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | music

2006年05月31日

A day in my life

私は車通勤です。片道約40分くらいかかります。
朝はギリギリに家をでるので、運転ヘタなくせに過激運転です。アハッ( ̄◇ ̄;)
そこで家でゆっくりCDを聴く時間がないので、この通勤時間にCDを聴いてます。
↓今日は、「リトル・フィート Little Feat 」の「DexyChikin」を聴きながらの運転。

車の中は夏は灼熱地獄、冬は極寒地獄<大げさ?
オリジナルをCD-Rに焼いたものを聴いています。
CD-Rは薄型のものを使用し紙ジャケットは自作。
この作業、面倒くさいけど、結構好きです。



↓これが、自作のCDジャケット
    
このCDの中での一番のお気に入りは、4曲目の「On Your Way Down 」
ニュー・オーリンズのファンク・ミュージックの影響を受けたファンキーなサウンドで、
おかげで今日もノリノリ♪ヽ(^^ヽ)(ノ^^)ノ♪の運転でした。

posted by rucyrue at 21:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | music

2006年05月22日

最近買った1枚

はじめての、音楽の記事です。
 
私は絶対洋楽派です。
洋楽を聴き始めたのは、中学のときから。
深夜番組も聴き始めて、夜更かしになったのもこの頃から。
 
高校になると、ロックにはまり、ハードロック、グラムロック、プログレ、パンクなどなど
いろいろ聴き漁るようになりました。もちろん、コンサートにも行きました。
 
最近あまりCD買ってなかったのですが、ついこの間
Ben Happerの「Diamond On The Inside」を買いました。

これは、ふらっと食べに寄ったお店でかかっていたもの。
 
1969年10月28日、米国カリフォルニア州生まれの黒人ロック・アーティストで
94年にアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・クルーエル・ワールド』でデビュー。
ジャンルを超越した懐の深いサウンド・メイキングに定評があるそうで、
レゲエ、カントリー、ブルースいろんなジャンルが入り混じったアルバムです。
 
すごーくいいわけではなかったけど、車の運転にはあいそうな1枚です。
続きを読む
posted by rucyrue at 00:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | music
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。